不安定な酸素は、「活性酸素」

酸化した細胞は傷つくため、肌にも影響を及ぼします。メラニンを上手くつくれなかったり、肌に弾力をつくるコラーゲンを賢くつくれなかったり、肌のターンオーバーがうまくいかなくなったりなど、あらゆる針路から肌に悪影響を与えてしまう。ですから、肌サビというのは、肌の老化を促進させるだけでなく、思わぬトラブルに発生することもあるのです。

活性酸素を発生させる背景

では、こういう恐い活性酸素は、どこから立ち寄るのでしょうか。

ヒトが体内にとりこむ酸素のマイホーム、約1~5%は活性酸素になるといわれていますが、実は活性酸素は耐性を維持するために必要なものでもあるので、この程度であれば問題ありません。これ以上の過剰な活性酸素が、肌サビに通じるのです。

たとえば、たばこの煙には活性酸素が含まれていますが、それだけでなく、タバコをすることで、ボディーに入った有害物質に対抗するために活性酸素を過剰に発生させる結果、たばこは肌サビの大きな原因となります。同じように、製作食物などに留まる食物添加物にも、有害なものが留まる結果、全身で毒消しする際に活性酸素が発生します。

また、ストレスを受けて過剰にホルモンが分泌させると、それを分解させようと活性酸素が発生しますし、UVやどぎつい運動、血糖結果の進化なども出現原因として出来るので、肌サビを防ぐためには、こんな生活慣習を見直して見る必要があるのです。ヴァーナルの効果は嘘!?